ルールに沿った古紙回収

リサイクルという言葉がここまで一般化するとは一昔前には予想もつかないことでした。
古来から日本にはもったいないという言葉に象徴されるように古いものやまだ使えるものなどを大事に使うという風習はありましたが、それをよりシステマチックな仕組みを用いて廃棄物を資源に変えようとする考え方がいまのように文化として根付くようになったことは素晴らしいことです。
有害物質を発生するような廃棄物はもちろんしっかりと管理することが必要ですし、古紙などに代表されるような再利用が可能なものは新たな資源の源泉として大いに利用されるべきです。
こうしたことを目的に現代社会ではゴミの分別回収が当たり前になってきました。
以前は燃えるものと燃えないものに大雑把に分けていたところを再資源化に使う工程上で都合のいい形にあらかじめ分別しておくことで全体としての効率化を図ることが出来ています。
事業所などで大量に廃棄される営業ゴミはもちろん、家庭から排出されるゴミも例外ではありません。
特に紙ごみについては有力な再資源化が期待できるものなので専用の回収日を設けている自治体が多く見られます。
こうした古紙回収にあたっては住民の負担感を軽くするためにいろいろなルートが確保されています。
週単位や月単位で行われる自治体の定期回収だけでなく、地域の自治会などが行う集団資源回収などにおいても古紙回収が行われているのをよく目にすることがあります。
これは自治会の収入になり運営費の手助けにもなるのでそれぞれの立場にメリットがある素晴らしい循環システムだと思います。
忘れてはならないのが昔からおなじみの古紙回収のトラックもあります。
のんびりとした声掛けがスピーカーから流れてくる光景はいまさら珍しくもないものですが、リサイクルシステムの中で重要な役割を果たしています。
消費したものをゴミとして処分することは当たり前に行われるものですが、ゴミの中から収益を上げようとする取り組みはこうした古紙回収業者がさきがけとなっていたのではないでしょうか。
紙というものは人間が発明して用いているものの中でも最も文化的で利便性の高いものの象徴的なものですが、それだけに消費量も膨大なものがあり、いまだに資源の大量消費による環境破壊には決定的な解決策を見出せないままです。
こうしたことに古紙回収が果たしている役割は決して小さくはないはずです。
リサイクルの過程の中で効率的で効果的な再資源化が行われるように排出時の分別もルールに基づいて正しく行うように心がけたいところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)