蓄電池を利用して、使いたい時のために

蓄電池は、電池を何度でも蓄えておくことが出来る画期的な電池です。これを利用することで、電池を満タンに充電をしておくことで、使う時まで、電池に蓄えた電気は、なくなることがないので、使い捨ての電池よりも、無駄にはならないかと思います。蓄電池の機能を十分に発揮できると思うのは、太陽光パネルを設置されている家ですね。電気というのは作られてもすぐになくなってしまうものなので、電気を蓄えられるシステムが重要なのです。そこで活躍できるのは蓄電池です。昼間に太陽の光から電気をためておくところとして、画期的な電池なのです。コンセントに専用のアダプターをセットをする時に、空になった充電専用の電池をセットすることで、数時間で満タンになるのです。災害の時に、大変役に立つものなので、ぜひ利用していただきたいですね。充電専用の電池は、値段は、普通の電池よりも高めですが、何度も使えるので、お得かと思います。

蓄電池のいいところとは

電気は貯めておく事が出来ないというのは昔の話になりました。今は蓄電池という画期的な物ができ、太陽光発電と合わせて使う事で電気を上手に利用する事ができるようになりました。電気料金も上がり、太陽光発電にする家が増えていますが、価格の問題か蓄電池はあまり見かけないような気がします。私の個人的な考えなのですが、電気を貯めておくと火災の心配をしてしまいますよね?なかなか普及してないのはそういった心配もあるのではないかと考えています。ですが、停電なんかが起こった時にはかなり便利なのだろうとも思います。もう少し値段も下がり、安全性が確立すると必ず普及していくものだと思います。便利なものが次々と出てきますが、それに伴って問題点が出てくるのも事実です。日本が世界に誇れる蓄電池を作れる事を是非とも証明して欲しいです。

蓄電池も消耗します。

昨今の電力料金の値上げや、自分なりに少しでも省エネに貢献出来ないものかと、数年前から、自宅で小規模な太陽光発電を行っています。その際、太陽電池から蓄電池へと充電して、夜間等に使用しているのですが、最初はあまり考えずに色々と資材を購入し、その後、実際に組み上がってから太陽発電の電気量と資材の費用を計算した結果、単純計算でも数年程度かかって、ようやく費用を回収できるかどうか。との結果が出てしまいました。そして、あれから数年、最近はあまり電気が貯まらなくなってきています。つまり、当たり前過ぎる話なのですが、どうやら蓄電池に寿命が来てしまっている様です。そして、このままではあと一年もしないで、また何万円も払って蓄電池を買い換える必要が出てくると予想されます。つまり、劣化していく各構成部品の値段まで考慮すると、自作の太陽発電セットを使って、その作成費用を節電で回収するのはとりあえず、自分の自作セットではかなり厳しそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)